どんより暗い印象を吹き飛ばせ|二重でメイクもオシャレも楽しむ

看護師

理想とするまぶたに

美容整形

彫りの深い顔立ち

本州には、異国から渡来してきた人の遺伝子が入ることで、彫りの浅い顔立ちをしている人が多いです。たとえば蒙古ひだと呼ばれるまぶたの厚みも、渡来系の人の顔に多い特徴のひとつなのです。それに対して沖縄には、日本古来の比較的彫りの深い顔立ちをしている人が多くいます。だからこそ沖縄では、一重まぶたの人は少数派ということで、それを気に病んでいることがあります。しかしその悩みは、美容外科で二重整形を受けることで、簡単に解消できます。二重整形とは、文字通り美しい二重まぶたにするための整形手術です。昨今では、わずか15分ほどの施術で二重まぶたにすることも可能となっています。その手軽さから、沖縄で二重整形を受ける人は、今後一層増えていくと予想されています。

デザインの調整も可能

二重整形では、単に二重の状態にするだけでなく、細かなデザインの調整をすることも可能となっています。たとえば、まぶたを切開して、そこから脂肪を除去した上で縫合すれば、脂肪による厚みが減った、スッキリとした二重まぶたになります。また、余分な皮膚を切除した上で縫合すると、皮膚が少なくなった分まぶたが上方向に引っ張られ、パッチリと開く目になるのです。もちろん、左右の目の開き具合が異なっているという人の場合、バランスのとれた状態にすることもできます。彫りの深い人が多い沖縄にある美容外科だからこそ、ハイレベルな二重整形を受けることが可能となっているのです。そのため目元に悩みのある多くの人が通い、理想とする二重まぶたを手に入れています。